孤独のレシピ

美味しい料理とお菓子と漫画

桜海老と筍の炊き込みごはん☆

こんにちは 一人食堂です


1月に入ってからというもの急に冷え込む日が続きますね

年末の疲れもあってか、ブログでも風邪をひいたという方をちらほら見かけます

体調管理には充分注意して、あったかくして寝てくださいね。


さて、本日のレシピはちょっと季節を先取りし、春の装いをかねた料理

f:id:garigarigarikuson:20170108025130j:plain

桜海老と筍の炊き込みごはん

しじみの味噌汁

ほうれん草と椎茸のおひたし

です


その中でも今回は桜エビと筍の炊き込みごはんのレシピをご紹介


材料

白米  3合

筍水煮(季節がらまだ生えてこないのでパックのものを使いましたが、普通に春先に出回ってくるのを下茹でして使った方がいいです)パック半分

桜えび(生でもボイルでも) 40〜50g

乾燥ワカメ  適量

水   80cc

白だし  10cc


昆布  3cm片

醤油、酒     大さじ1

みりん 、顆粒だし  小さじ1

水    調味料を引いた分の米の重さと同量


作り方

先ずは米を洗い30分浸水させます

乾燥ワカメを水で戻し、良く水気を絞って粗く刻んでおきます

筍の根元をいちょう切り、穂先は厚めの短冊切りにし、水と白だしを入れた鍋でサッと煮て下味をつけます

炊飯釜に水気をよく切った米、酒で表面を拭いた昆布、筍、桜エビを散らして入れ、水と調味料を加え炊飯ボタンを押します

米が炊けたらワカメを加え、切るようにして米を混ぜ、再び蓋をして10分ほど蒸らせば完成です

f:id:garigarigarikuson:20170108171611j:plain

好みで万能ネギや絹さや、バターを乗せて召し上がれ


味は薄味なので、好みで調味料の分量を足してください

生かボイルがなければ乾燥海老でもオッケーです?


筍の季節は2〜5月初旬

皆さんも春先にはぜひお試しアレ


おまけ

はーやくこい

f:id:garigarigarikuson:20170109015507j:plain

f:id:garigarigarikuson:20170109015531j:plain

f:id:garigarigarikuson:20170109015554j:plain

f:id:garigarigarikuson:20170109015621j:plain

春はまだか…


暖かくなったら本気出す